機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影 5/5 (1)

機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影 映画予告動画やあらすじストーリー(評判・レビュー)



機動戦士ガンダム トワイライトアクシズ 赤き残影

“アクシズの遺産”想いは再び・・・
ガンダムファンクラブで独占先行配信した全6話構成のショートアニメに新作シーンを加えた特別編、上映決定!!

■『機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影』とは
サンライズが独自にオリジナルコンテンツを小説やビジュアル記事などの形式で発信・運営するウェブサイト「矢立文庫」で連載中のWEB小説「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」を矢立文庫初の映像化。ガンダムファンクラブで独占先行配信した全6話構成のショートアニメに新作シーンを加えた特別編。

【あらすじ】
宇宙世紀0096年後半、「サイコフレーム」の存在に脅威を感じた地球連邦政府は、直轄の情報部に所属するメーメット・メルカ中尉に特殊部隊「マスティマ」を編成させ、地球圏を漂う小惑星「アクシズ」の分断された片側に潜入・調査という重要な指令を下す。メーメットと同行する調査隊のメンバー内には、かつてのジオン公国とネオ・ジオンで、技術者とテストパイロットだったアルレット・アルマージュとダントン・ハイレッグという二人の民間人が加わっていた。

アクシズに潜入した調査隊は、誰もいないはずの基地内で私兵集団「バーナム」の新型「ガンダム」らの強襲を受け、ダントンとアルレットはかつて開発に関わっていた赤い「ザクIII改」で応戦するも、様々な危機的局面に遭遇する。その中で、アルレットはある「想い」を胸に秘め、アクシズの表面に取り残されたサザビーの残骸に向かうのだった…

■ KAYOチェック

■ 機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影 予告編動画



【スタッフ】
原作:矢立 肇・富野由悠季(「機動戦士ガンダム」より)
ストーリー・コンセプトデザイン:Ark Performance
キャラクターデザイン:金 世俊
オリジナルメカニカルデザイン大河原邦男/メカニカルデザイン:金 世俊、阿部慎吾
作画監督:金 世俊、阿部慎吾
美術監督:中村豪希
色彩設計:安部なぎさ
撮影監督:岩崎 敦
編集:新居和弘
音響監督:藤野貞義
音楽:大間々昂
監督・脚本:金 世俊
企画・製作:サンライズ

【キャスト】
アルレット・アルマージュ:清水理沙
ダントン・ハイレッグ:阪口周平
メーメット・メルカ:小野大輔
クァンタン・フェルモ:増田俊樹

■ 公式サイト
http://g-twilight-axis.net

機動戦士ガンダム Twilight AXIS 赤き残影 映画予告動画やあらすじストーリー(評判・レビュー)

※※この映画のあなたの評価は?※※