アケラットロヒンギャの祈り 3/5 (1)

アケラットロヒンギャの祈り 予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・レビュー・キャスト)



【作品紹介】
台湾行きを願うフイリンは貯金を失った結果、奇妙な仕事に手を出す。それはロヒンギャ移民に対する残虐行為に関わるビジネスだった。そんな彼女にとって一筋の光は、フイリンを昔の知り合いだと信じている若い病院スタッフのウェイだった…。

現代マレーシアの転移(ディスプレイスメント)と倫理観についての野心作である。ヨウ監督は新作の舞台を、多文化多言語が自然に同居したはずのマレーシアとタイの国境付近の街に設定した。そしてその「理想郷」が現在ミャンマーから逃れるロヒンギャの人々をいかに扱うかを描き、現状に対して問題を提起する。自国マレーシアのみならず、アジア全域の歴史や文化に意識を巡らす懐の深さがヨウ監督を大器ならしめているが、その真骨頂は社会問題と詩情溢れるラブストーリーの融合である。

監督の前作に続いての主演となるダフネ・ロー演じるヒロインは思いもよらず人身売買ビジネスに関わるが、やがて物語は時空と生死の境を越え、ドキュメンタリーとフィクションの境も越える。そして「ロヒンギャの来世」はより身近な存在となっていく。真摯な哀悼の念と、未来への希望の祈りを込めた入魂の1作である。

■ KAYOチェック

■ アケラットロヒンギャの祈り 予告編動画



【監督】
エドモンド・ヨウ

【経歴】
1984年シンガポール生まれ。早稲田大学を卒業。短編『金魚』が2009年のヴェネチア映画祭で初上映、翌10年『避けられないこと』が釜山国際映画祭で上映され、最優秀アジア短編賞を受賞した。初長編『破裂するドリアンの河の記憶』が第27回東京国際映画祭コンペティション部門で初上映された。今年は本作とクロスカット・アジア部門『ヤスミンさん』の2本の監督作をひっさげて東京に戻ってきた。

【スタッフ】
監督/脚本 : エドモンド・ヨウ
撮影監督 : レスリー・レオン・リー
ライン・プロデューサー : チェン・ティムキアン
作曲 : ウォン・ウォアンフーン
プロデューサー : リム・インシャン
エグゼクティブ・プロデューサー : ウー・ミンジン
エグゼクティブ・プロデューサー : ルム・ライ・ファン
特殊メイク : キット・ヒュー
録音 : レモン・チュウ

【キャスト】
ダフネ・ロー
ハワード・ホン・カーホウ
ルビー・ヤップ
ジョニー・ゴウ
ウォン・ジュン・ヤップ

【配給】

【コピーライト】
©Pocket Music, Greenlight Pictures

【公式ホームページ】
http://www.goodmovemedia.com/aqerat.html

【その他】
106分 カラー 北京語 マレーシア語 広東語 2017年 マレーシア

※※この映画のあなたの評価は?※※