飢えたライオン 4/5 (6)

飢えたライオン 予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・レビュー・キャスト)



【作品紹介】
ある朝のHRで、瞳の担任が児童ポルノ禁止法違反の容疑で警察に連行された。担任の性的動画が流出し、その相手が瞳だというデマが流れる。誰も信じないだろうと軽く考えていた瞳だったが、デマは事実のように広がっていき、瞳は追いつめられ自殺をする。担任の逮捕と生徒の自殺は、マスコミの格好の餌食となり報道は加熱していく。

そして社会によって瞳の「虚像」が作られていくのだった…。本作は、映像や情報の持つ「可虐性」を描くと同時に、それらを消費する私たちの中にある邪悪な“欲望”をあぶり出す。世界中に拡散する「フェイクニュース」全盛時代を生きる私たちへ突きつける78分。

■ KAYOチェック

■ 飢えたライオン 予告編動画



【監督】
緒方貴臣

【経歴】
1981年福岡市生まれ。高校中退後、共同経営者として会社を設立。25歳で退社し、海外を放浪の後、独学で映像制作を始める。社会問題を独自の視点と洞察力で鋭く切り取った作品を通して、世の中への問題提起を続けている。前作『子宮に沈める』(13)は、大阪2児放置死事件をもとにした作品で、児童虐待のない社会を目指す「オレンジリボン運動」推薦映画となる。

【スタッフ】
監督/脚本/プロデューサー:緒方貴臣
共同プロデューサー:小野川浩幸
撮影監督:根岸憲一

【キャスト】
松林うらら
水石亜飛夢
筒井真理子
菅井知美
日高七海
加藤才紀子
上原実矩
菅原大吉
小木戸利光
遠藤祐美
品田 誠
竹中直人

【配給】

【コピーライト】
©2017 The Hungry Lion.All Rights Reserved.

【公式ホームページ】

【その他】
78分 カラー 日本語 2017年 日本

※※この映画のあなたの評価は?※※