ナッシングウッドの王子 ※この映画はまだ評価がありません※

ナッシングウッドの王子 予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・レビュー・キャスト)



詩人の恋【作品紹介】
戦火のアフガンで110本を監督!?

アフガニスタンに驚くべき監督が存在した!サリム・シャヒーンは30年以上にわたり、戦火のアフガニスタンで映画を作り続け、その数は110本に上る。ほとんどが製作=監督=主演を務めた映画だが、娯楽のない僻地の村人にとっては映画というだけで嬉しいはずだ。かくしてシャヒーンは110本の映画を上映する旅に出る。そして、その道中で111本目を撮るが、本作はシャヒーン監督の旅に密着し、映画を愛し、死を賭して映画のために闘う知られざる驚異の映画人を紹介するドキュメンタリーである。

「アフガニスタンのエド・ウッド」の異名を持ち、家族をはじめ身近で利用できるものはすべて映画にぶち込み、警官や軍人は彼の映画であれば喜んで本人役で出演する。一方でシャヒーンはアフガン国民の声を代弁し、名もなき人々に存在の証を与えている。シャヒーンは彼らのヒーローなのだ。「ハリウッド」に対抗するタイトルである「ナッシング(無し)ウッド」も頼もしい。カンヌ映画祭監督週間で絶賛された必見の1本である。

■ KAYOチェック

■ 映画 ナッシングウッドの王子 予告編動画



【監督】
ソニア・クロンルンド

フランス人の母、スウェーデン人の父のもとに生まれる。フランスの名門である高等師範学校で学び、文学を修めた。数多くの脚本を執筆し、ドキュメンタリーの演出、テレビ番組の制作を手掛ける。2002年以降、ラジオ局「フランスカルチャー」の帯番組ドキュメンタリー“Les Pieds sur Terre”を制作している。本作が長編監督デビュー作となる。

【スタッフ】
監督/脚本:ソニア・クロンルンド
撮影:アレクサンダー・ナナウ
撮影:エリック・ギシャール
録音:マチュー・ペロ
録音:ハッサン・シャバンカレ
編集:ソフィー・ブリュネ
編集:ジョルジュ・クラッグ
プロデューサー:ロラン・ラヴォレ
共同プロデューサー:メラニー・アンダーナハ

【キャスト】
サリム・シャヒーン
クルバン・アリ
ソニア・クロンルンド

【配給】

【コピーライト】
©Gloria Films

【公式ホームページ】

【その他】
86分 カラー フランス語、ダリー語 | 2017年 フランス/ドイツ

※※この映画のあなたの評価は?※※