ヴィクラムとヴェーダ ※この映画はまだ評価がありません※

ヴィクラムとヴェーダ 予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・レビュー・キャスト)



【作品紹介】
マーダヴァン主演の警察ドラマ

ヴィクラムは腕の立つ警官で、自分なりに善悪の基準を持って行動していた。彼はあるギャング組織を追っているが、なかなか核心に迫ることができない。ある日突然、組織の中心にいるヴェーダーという男が自首し、彼なりの善悪の基準をヴィクラムに話し始める。それを聞いたヴィクラムの世界観は揺らぎ始める。

インド伝説の神々にちなんだ名を持つ警官とギャングを対置し、人間にとって善悪の彼岸を問うクライム・アクション映画である。ヴィクラム役のマーダヴァンは、『きっと、うまくいく』やTIFF2016出品の『ファイナル・ラウンド』でおなじみだが、本作では鼻っ柱の強い警官を演じている。夫婦で共同監督を務めるプシュカル&ガーヤトリの息の合った演出も見どころのひとつ。

■ KAYOチェック

■ 映画 ヴィクラムとヴェーダ 予告編動画



【監督】
プシュカル&ガーヤトリ

プシュカルは1977年、ガーヤトリは1976年にチェンナイで生まれる。夫婦コンビとして大学時代からともに仕事を始め、アメリカで映画制作の修士号を取得。これまで監督をした長編3作品はどれもマドラス(チェンナイ)の街にちなんだ物語である。奇抜さ、実験的な構造、ダークなユーモアの要素を持つ作風は高く評価されている。

【スタッフ】
監督/脚本:プシュカル&ガーヤトリ
プロデューサー:S・シャシカーント
ディストリビューター:R・ラヴィーンドラン
エグゼクティブ・プロデューサー:ラーマチャンドラ・チャクラヴァルティ
撮影監督:P・S・ヴィノード
音楽:サム・C・S
編集:リチャード・ケヴィン・A
美術:ヴィノート・ラージクマール
スタント:ディリップ・スッブラーヤン
セリフ:K・マニカンダン
音響:ラージャークリシュナン
振付:カリヤーン
カラリスト:ランガー

【キャスト】
R・マーダヴァン
ヴィジャイ・セードゥパティ

【配給】

【コピーライト】

【公式ホームページ】

【その他】
141分 カラー タミル語 | 2017年 インド

※※この映画のあなたの評価は?※※