フォーリー・アーティスト 3/5 (1)

フォーリー・アーティスト 予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・レビュー・キャスト)



【作品紹介】
効果音の魔術師が見た台湾映画史

生の音を用いて、映画に効果音を付ける“音の魔術師”をフォーリー・アーティストという。本作は40年にわたって台湾映画界でこの分野に貢献してきたフー・ディンイーに焦点を当てたドキュメンタリーであり、ひとりのスタッフの目を通して見た台湾映画史でもある。70本を超えるフーの担当作品への言及を中心に、彼の人柄や交友関係、あるいは台湾のみならず香港や中国大陸の映画人との交流なども綴られる。

若い世代へ技術の継承を心掛ける一方、デジタル全盛の時代となり、伝統的な方法がデジタル音響効果に取って代わられている現状がある。台湾映画が広く世界に認知されたのは1980年代のニューシネマの登場が大きかったが、本作ではそれ以前の台湾映画も垣間見ることができる点が貴重である。

■ KAYOチェック

■ 映画 フォーリー・アーティスト 予告編動画



【監督】
ワン・ワンロー

イギリスのエクセター大学で戯曲と脚本制作を学び、修士号を取得。2009年以降、台湾の文学ドキュメンタリーシリーズ“The Inspired Island”の主要メンバーとなる。初の長編ドキュメンタリー作品“River Without Banks”は14年に台湾で劇場公開された。

【スタッフ】
監督/プロデューサー/脚本:ワン・ワンロー
プレゼンター:リ・シュンリョウ
エグゼクティブ・プロデューサー:チェン・チュアンシン
音楽:ヤン・ユンチェン
撮影監督:カン・シェンリー
編集:モウ・イーイー
音響監督:ツァオ・ユアンフォン
録音:チェン・チアウェイ

【キャスト】
フー・ディンイー

【配給】

【コピーライト】
©Wan-Jo Wang

【公式ホームページ】
http://www.activator.com.tw/

【その他】
100分 カラー 北京語 | 2016年 台湾

※※この映画のあなたの評価は?※※