セクシー・ドゥルガ 4/5 (1)

セクシー・ドゥルガ 予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・レビュー・キャスト)



【作品紹介】
ロッテルダム映画祭最高賞

北インド出身女性のドゥルガと、ムスリム男性のカビールが無人の夜道を歩いている。駅まで車に乗せてもらおうとヒッチハイクをすると、いかがわしい車に乗せられてしまう。一方、近郊の村では女神ドゥルガを称える祭が行われており、身体にフックを突き刺す肉体的苦行を捧げる儀式に見物客が群がっている…。インド社会において、女性は女神にも搾取の対象にもなりうるという、その二面性を描く作品である。

しかし、本作の見どころはシャシダラン監督の特異な作家性だろう。男女が車に乗った瞬間から不条理な悪夢のループが始まり、とても目的地には辿りつきそうにない。そして平行して描かれる祭の様子は、優れたドキュメンタリー作品のような趣きである。ラストに流れるヘビメタのBGMも印象に残る。ロッテルダム国際映画祭タイガー・アワード(最高賞)受賞作。

■ KAYOチェック

■ 映画 セクシー・ドゥルガ 予告編動画



【監督】
サナル・クマール・シャシダラン

1977年インド・ティルヴァナンタプラム生まれ。動物学と法学を学んだ後、弁護士として仕事を始める。映画への情熱から、2001年に同僚たちとKazhchaフィルム・フォーラムを結成。クラウドファンディングで資金を作り、自主映画を撮り始める。これまで短編3本と長編1本をクラウドファンディングで監督。本作が最新作である。

【スタッフ】
監督/脚本:サナル・クマール・シャシダラン
プロデューサー:シャージ・マーチュ
撮影監督:プラタープ・ジョーサフ
美術:ムルガン・A
編集:サナル・クマール・シャシダラン
音響:ハリクマール・マーダヴァン・ナーヤル
音楽:バーシル・CJ

【キャスト】
ラージャシュリー・デーシュパーンデー
カンナン・ナーヤル
スジーシュ・K・S
ヴィシュヌ・ヴェード

【配給】

【コピーライト】

【公式ホームページ】

【その他】
86分 カラー マラヤーラム語 | 2017年 インド

※※この映画のあなたの評価は?※※