映画『昼顔』 5/5 (1)

映画『昼顔』予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・レビュー・キャスト)



【イントロダクション】
―――――決して、もう二度と。せめて、もう一度。―――――

2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』。
平日昼間に夫以外の別の男性と恋に落ちる主婦のことを指す造語「平日昼顔妻」をテーマにした、道ならぬ恋に人生を狂わせてしまった女性を描いたドラマ「昼顔」はその年の流行語大賞にノミネートされるなど、社会現象にまでなりました。

「昼顔」衝撃の結末
決して出会ってはいけない二人の、
運命の歯車が動き出す――

主人公・紗和を演じる上戸彩にとって、まさに代表作となった「昼顔」。女優として更なる新境地を開くべく、この映画化に並々ならぬ覚悟で挑みます。紗和と愛し合う北野を演じるのは、ドラマでの熱演が話題となった斎藤工。北野の妻・乃里子を演じる伊藤歩や、紗和の勤めるレストランのオーナー役で今回初登場となる平山浩行が出演します。

メガホンをとるのは、『容疑者Xの献身』(08年)『任侠ヘルパー』(12年)『真夏の方程式』(13年)など数々の作品でその演出力を高く評価された西谷弘。さらに井上由美子が脚本を手掛け、音楽を菅野祐悟が担当します。『昼顔』の叙情的な世界感を映画ならではの美しい映像と音楽、深く綿密に紡がれた物語のカタルシスで描き出します。

問題作となり、社会現象となった「昼顔」。
平日午後3時の恋人たちがスクリーンでめくるめく「純愛」を繰り広げます。
出逢ってはいけない二人が迎える衝撃の結末とは―。

【ストーリー】
お互いに結婚していながら、惹かれあい愛し合うようになった木下紗和と北野裕一郎。その一線を越えた関係はいつしか明るみになり、ついに2人は別れざる得なくなってしまった。そして、紗和は夫とも別れ一人になった。

あれから3年――

紗和は海辺の町で慎ましく暮らしていた。オーナーの杉崎尚人が営むレストランでのアルバイトと狭いアパートの往復が日課で、北野の夢を見る事さえ既に無くなっていた。海岸沿いの小さな町には、彼女の過去を知る者は誰もいない。

一方、大学の非常勤講師となっていた北野は蛍に関する講演を、ある街で行う事に。
講演中、客席に目を向けたとき、彼は言葉を失ってしまう。そこには、紗和の姿があった。

「神様、私を試しているのでしょうか」

運命のいたずらか、再びめぐり会う二人。あの時に交わした愛を忘れられず、どちらからともなく逢瀬を重ねていく。清流ながれる蛍の住処が“約束の場所”。そんな中、二人の前に現れたのは、北野の妻・乃里子だった……。

■ KAYOチェック(評判やネタバレ)

■ 映画 昼顔 予告編動画



【キャスト・クレジット】
上戸彩
斎藤工
伊藤歩
平山浩行

監督:西谷弘
脚本:井上由美子
音楽:菅野祐悟

■ コピーライト
(C)2017 フジテレビジョン 東宝 FNS27社

■ 公開日
2017年6月10日

■ 公開情報
全国東宝系にてロードショー

■ 公式サイト
http://hirugao.jp/

※※この映画のあなたの評価は?※※