沈黙-サイレンス- 4/5 (1)

沈黙-サイレンス-映画予告動画やあらすじストーリー



ハリウッドと日本、最高のキャスト・スタッフが集結!!
戦後日本文学の金字塔「沈黙」が完全映画化!!

■ 作品紹介
日本を舞台に描くマーティン・スコセッシ監督渾身の一作が遂に完成。

17世紀江戸初期、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、ポルトガルから日本にたどり着いた若き司祭ロドリゴ。彼の目に映ったのは想像を絶する日本だった。信仰を貫くか、棄教し信者達の命を救うか―究極の選択を迫られる。

原作と出会ってから28年。アカデミー賞受賞の巨匠マーティン・スコセッシが激動の現代に「人間にとって本当に大切なものとは何か」を描き出す壮絶なドラマ。

沈黙-サイレンス-映画予告動画やあらすじストーリー

■ ストーリー
17世紀、江戸初期。幕府による激しいキリシタン弾圧下の長崎。日本で捕えられ棄教 (信仰を捨てる事)したとされる高名な宣教師フェレイラを追い、弟子のロドリゴとガルペは 日本人キチジローの手引きでマカオから長崎へと潜入する。

日本にたどりついた彼らは想像を絶する光景に驚愕しつつも、その中で弾圧を逃れた“隠れキリシタン”と呼ばれる日本人らと出会う。それも束の間、幕府の取締りは厳しさを増し、キチジローの裏切りにより遂にロドリゴらも囚われの身に。頑ななロドリゴに対し、長崎奉行の 井上筑後守は「お前のせいでキリシタンどもが苦しむのだ」と棄教を迫る。そして次々と犠牲になる人々―

守るべきは大いなる信念か、目の前の弱々しい命か。心に迷いが生じた事でわかった、強いと疑わなかった自分自身の弱さ。追い詰められた彼の決断とは―

沈黙-サイレンス-映画予告動画やあらすじストーリー

■ KAYOチェック

私がこの映画の原作、遠藤周作の「沈黙」を読んだのが中学生のとき。
辛く悲しい物語に涙を流しました…。

キリシタン弾圧の時代。
踏み絵をふまないことで、次々に命を落としていく仲間を目にしながら、
なぜ、神は沈黙を守るのでしょうか。

■ 沈黙-サイレンス- 予告編動画



■ 原題・英題
Silence

原作:遠藤周作「沈黙」(新潮文庫刊)
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス
撮影:ロドリゴ・プリエト
美術:ダンテ・フェレッティ
編集:セルマ・スクーンメイカー
配給:KADOKAWA

■ 出演
アンドリュー・ガーフィールド
リーアム・ニーソン
アダム・ドライバー
窪塚洋介
浅野忠信
イッセー尾形 
塚本晋也
小松菜奈
加瀬亮
笈田ヨシ

■ 公開情報
2017年1月21日(土)全国ロードショー

沈黙-サイレンス-映画予告動画やあらすじストーリー

※※この映画のあなたの評価は?※※