リンキング・ラブ 4/5 (2)

リンキング・ラブ 映画予告動画やあらすじとストーリー



未来は自分で変えられる?
バブルと笑顔が弾ける、青春タイムスリップ・コメディ!!

娘と母が時空を超えてアイドル・グループを結成!? 2017年の現代から1991年バブル崩壊直後の“アイドル冬の時代”にタイムスリップしてしまった大学生・美唯。そこで彼女は若き日の両親と出会い、二人の恋を成就させるべく、何とその時代にAKB48の楽曲を持ち込み、アイドル・グループASG16を母親たちと結成するのであった!

リンキング・ラブ 映画予告動画やあらすじとストーリー

■ 作品紹介
時は2017年。青山青陵学院大学2年生の真塩美唯(田野優花)は、アイドル志望だったもののAKB48のオーディションを受けて落選し、ラップに鞍替えしてラップバトルのイベントに臨むも決勝戦で敗北。落ち込んで家に帰ってみると、何と両親が経営している大手アパレル会社が業績不振に陥り、母の由美子(石橋杏奈)は婿養子の夫・健一郎(渡辺徹)を解任して、一人で会社を立て直すべく家を出ていってしまった。

自分の部屋に戻った美唯は、不運続きのイライラが募ってか、思わず両親への愚痴をラップに乗せて歌いだす。すると、なぜか昔から部屋の片隅に置いてあった魔法のランプの中から、爆発的な煙とともに守護神(西村まさ彦)が飛び出してきた! どうもラップの歌詞を呪文と聞き間違えてしまったらしい⁉

守護神は美唯に三つだけ願い事を叶えてあげるという。しかし彼は美唯の願い事をまともに聞こうともせず、いきなり彼女を過去にタイムスリップさせてしまった!そこは1991年(平成3年)の日本であった。バブルがはじけて間もないが、まだそこまで深刻化しておらず、若者たちは80年代の軽さを引きずったライフ・スタイルを充実させている。

およそ四半世紀前の大学キャンパスの光景に戸惑いつつ、そこで美唯は学生時代の母・真塩由美子(石橋杏奈)と父・茂手木健一郎(白洲迅)に出会った。交際しているものの5人組アイドル“ココリボーン”に夢中なアイドル・オタクの健一郎を振り向かせようと、由美子はミス青山青陵コンテストで優勝するが、それでも健一郎の気持ちは煮え切れないままだ。

この事実を知った美唯は、26年後の両親の離婚を阻止して未来が明るい方向へ向かうよう、由美子のアイドル化を画策する。だがそこへ時間の監視をするタイムコップの室岡(石倉孝二)が現れ、歴史を変えることを戒める。だが、美唯は忠告を無視して、“ココリボーン”そのままの扮装をさせたコピー・グループの一員に由美子を仕立てる。だがそのお披露目となった学園祭の野外ステージで、なぜか突如ワームホールが発生し、美唯は2017年に連れ戻されてしまった!

しかし、そこは美唯がいた本来の2017年ではなく、別世界と化した暗黒の2017年であった。実は美唯が91年の学園祭の野外ステージに出演中に、野心家の学生、牛尾(落合モトキ)が美唯のスマホを発見し、その中にダウンロードされているAKB48の動画をヒントに、AKB48をパクったアイドル・グループUSO48をプロデュースして大成功を収めてしまい、歴史が変わってしまったのだった。

そして今まさに、由美子は健一郎を捨てて、牛尾と再婚しようとしているという。事の重大さに気づいた美唯は、守護神に“三つの願い事”のひとつとして、再度1991年の過去へ跳ぶ。今度こそ両親と自分のよき未来を掴むために。そして、そのために彼女が思いついたアイデアとは、1991年に自分が大好きなAKB48の楽曲を持ち込み、由美子たちとASG16を結成するというものだった。
美唯の想いは健一郎に届くのか。ついに学園祭当日を迎えたが…

■ KAYOチェック

■ リンキング・ラブ 予告動画

■ キャスト
田野優花(AKB48)
石橋杏奈
白洲迅
中尾明慶
落合モトキ
加藤諒
木下隆行
大倉孝二
渡辺徹
浅田美代子
西村まさ彦

監督:金子修介
原作:萩島宏「Linking Love」
脚本:長谷川隆、金子修介 
音楽:MOKU
製作:AiiA Corporation
企画:Y&N Brothers クムナムエンターテインメント
企画協力:ユーティリティ 
制作会社:シネムーブ
配給:BS-TBS 

■ 公開情報
2017年10月28日(土)より丸の内TOEI2ほか全国ロードショー!

■ コピーライト
(C)2017 AiiA Corporation

■ 公式ホームページ
http://movie.linking-love.com/

2017年/カラー/スコープサイズ/5.1ch/1時間56分
映倫G

リンキング・ラブ 映画予告動画やあらすじとストーリー

※※この映画のあなたの評価は?※※