中山美穂×キム・ジェウク W主演映画『蝶の眠り』の舞台挨拶

(4/12)中山美穂×キム・ジェウク W主演映画『蝶の眠り』の舞台挨拶



5月12日に公開される中山美穂主演映画『蝶の眠り』の舞台挨拶が4月12日(木)、角川シネマ新宿(新宿文化ビル)にて開催された。主演の中山美穂さんを中心に、石橋杏奈さん、勝村政信さん、永瀬正敏さんと、初の映画音楽監督を務めた新垣隆さんの他、チョン・ジュウン監督が登壇し、会場は熱い熱気に包まれた。

(4/12)中山美穂×キム・ジェウク W主演映画『蝶の眠り』の舞台挨拶

登壇早々に中山美穂さんがキャストを代表して、「花粉が舞うように風が強い中、足を運んで頂きありがとうございます。本日はどうぞ宜しくお願いします。」と観客に向かって挨拶をした。その後の質疑応答では自身が「アルツハイマーの病に冒されていく役を演じたこと」などを簡潔に説明し、「今日、ここにキム・ジェウクさんが来られなかったことは本当に残念」と話した。

また、永瀬さん、勝村さんは「ほんの少しの場面にしか登場しないので、皆さん瞬きをしないで映画を見て下さいね」と会場の雰囲気をやんわりとほぐした。今回、初の映画音楽監督を務めた新垣さんは、中山さんの隣に来るよう司会者から促され「実は中山さんと新垣さんは同い年なんです」と説明され、すかさず勝村さんが「えっ、うそー!?」と突っ込みに入った。

(4/12)中山美穂×キム・ジェウク W主演映画『蝶の眠り』の舞台挨拶

話が撮影中の話題になると「撮影中はある言葉がみんなのキーワードだった」と話し、それを会場の皆さんとも交わしましょう!という流れになり、観客席から「お久しぶりです!」と中山さんへ問いかけると、中山さんも「お久しぶりです!」と観客席へ言葉を返す場面も。クライマックスは紙吹雪をキャスト全員が持ち、それを「せいの!」で宙へ飛ばした。これを、題して「蝶の舞い」と司会者が説明。紙吹雪は見事に、キラキラと四方八方に飛び散り、観客の心を掴んだ。

(4/12)中山美穂×キム・ジェウク W主演映画『蝶の眠り』の舞台挨拶 (4/12)中山美穂×キム・ジェウク W主演映画『蝶の眠り』の舞台挨拶

高齢化社会にあって、アルツハイマー病や認知症といった病気と、どう向き合って人生の最後を迎えるのか、これは多くの人が抱える人生の課題だ。本作はアルツハイマー病に冒された「中山美穂」演じる小説家と、年の離れた韓国人留学生を演じる「キム・ジェウク」による究極の愛がテーマとなっており、一般公開一ヶ月前にして、今から注目を浴びる映画となっている。

(4/12)中山美穂×キム・ジェウク W主演映画『蝶の眠り』の舞台挨拶

【あらすじ】
本作は、『子猫をお願い』のチョン・ジェウンが監督を務め、中山が5年ぶりに主演を務めたラブストーリー。作家として成功し満ち足りた生活を送るも、遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知り、人生の終焉に向き合うことを余儀なくされた50代の売れっ子女流小説家・松村涼子が、韓国人の留学生チャネと出会い、次第に惹かれあっていく模様を描く。松村涼子役で中山が主演を務め、韓国人留学生チャネを『コーヒープリンス1号店』のキム・ジェウクが演じる。

公開されたビジュアルは、中山扮する涼子とキム・ジェウク扮するチャネの美しくも儚い愛と記憶をイメージさせる仕上がりになっている。追加キャストとして発表されたのは、石橋杏奈、勝村政信、菅田俊、眞島秀和、澁谷麻美、永瀬正敏の6人。中山とは30年来の仲となる永瀬は、物語を支えるキーパーソン役として友情出演を果たす。


【作品紹介】
中山美穂が5年ぶりに映画主演を務め、韓国ドラマ「コーヒープリンス1号店」のキム・ジェウクと共演した大人のラブストーリー。「子猫をお願い」のチョン・ジェウンが監督・脚本を手がけ、フランスの女流作家マルグリット・デュラス晩年の恋を描いたジャンヌ・モロー主演の映画「デュラス 愛の最終章」をモチーフに、アルツハイマーに侵された女性作家と韓国人留学生の年の差を超えた純愛を描く。

中山美穂×キム・ジェウク 主演映画『蝶の眠り』予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・評価・レビュー・キャスト) 中山美穂×キム・ジェウク 主演映画『蝶の眠り』予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・評価・レビュー・キャスト)

50代の人気作家・松村涼子は、自身が遺伝性のアルツハイマーに侵されていることを知る。涼子は「魂の死」を迎える前に小説以外の何かをやり遂げるべく、大学で講師として働きはじめる。そんなある日、学校の近くの居酒屋で韓国人留学生の青年チャネと出会い、成り行きで執筆活動を手伝ってもらうことに。作業を進めるうちに、次第に惹かれ合っていく涼子とチャネだったが……。

■ 映画 蝶の眠り 予告編動画

■ 出演
中山美穂
キム・ジェウク(김재욱)
石橋杏奈
勝村政信
菅田 俊
眞島秀和
澁谷麻美
永瀬正敏

監督・脚本・原案:チョン・ジェウン
音楽監督:新垣 隆
ストーリー・劇中小説:藤井清美
エンディング・テーマ曲:「朝焼けの中で」
作詞・作曲・唄:根津まなみ

中山美穂×キム・ジェウク 主演映画『蝶の眠り』予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・評価・レビュー・キャスト) 中山美穂×キム・ジェウク 主演映画『蝶の眠り』予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・評価・レビュー・キャスト)

企画・製作:山上徹二郎 坂本敏明 イ・ウンギョン
プロデューサー:山上徹二郎 イ・ウンギョン 山口幸彦
アソシエイト・プロデューサー:鈴木俊明 藤岡美和子
ライン・プロデューサー:イ・ユンソク

撮影:岩永 洋
照明:谷本幸治
録音:小川 武
音響効果:齋藤昌利
リレコーディングミキサー:越智美香
編集:イ・ヨンリム(swimmingpool editing studio)

中山美穂×キム・ジェウク 主演映画『蝶の眠り』予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・評価・レビュー・キャスト)

美術:中山 慎
装飾:西渕浩祐
スタイリスト:日下部慶子
ヘア・メイク:浅野加奈
助監督:藤江儀全
監督補:藤本信介

プロダクション・マネージャー:佐々木正明
音楽プロデューサー:西澤雅巳(カンパニーウエスト)堀越信二(カンパニーイースト)
製作:シグロ キングレコード ZOA FILMS
制作プロダクション:シグロ
配給:KADOKAWA
宣伝:樂舎

2017年/日韓合作映画/日本語/112分/5.1ch/DCP

■ 公開表記
5月12日(土)、角川シネマ新宿ほか全国ロードショー

■ コピーライト
©2017 SIGLO, KING RECORDS, ZOA FILMS

中山美穂×キム・ジェウク 主演映画『蝶の眠り』予告動画やあらすじストーリーネタバレ(評判・評価・レビュー・キャスト)